授業中にした通訳体験

私は大学生の時、隣の大学からわざわざ授業を受けに来たという好奇心旺盛な男子大学生に出会ったことがあります。授業では隣の席に座り、一緒に勉強しました。ただ、その授業は外国人の先生が英語でレッスンするものだったのですが、その人は英語が堪能ではありませんでした。そのため、その人がわからなかった箇所について、私は授業中に通訳することになったのです。特にそれによって煩わしさはなかったのですが、思ったのは私の日本語って駄目だなあ、ということです。

英語で言っていることは頭では理解しているつもりなのに、その人に日本語で伝えようとすると何故だかその内容が言葉となって出ていかないのです。これは先生の言っていることを完璧には理解できていないということもありますが、私の日本語力のなさも関係しているでしょう。

もともと私は文法や構文で英語を正しく精読する翻訳家タイプではありません。もちろん中高とそうやって学ぶのでやり方は知っていますが、どちらかというとその場のニュアンスで会話のようにやってしまう感覚タイプです。英語を理解する時に日本語を介さないことから、それを通訳ほど瞬時に訳すとなると困惑したのでしょう。今までテストなど記述する作業の時には腕を伝って書くまでという、短いですがそれなりの時間はありました。ですが、通訳は日本語に訳している途中でも先生が話しています。ここが違うところでしょうね。今まで自分のこのような経験がなかったことに自分でも驚きました。何度もやっていそうなはずなのですが、たぶん授業などでは簡単なものであって、実践はなかったのでしょう。